Home > 茅場 Archive

茅場 Archive

三木山で茅刈りしましょう!《3月15日(土)》

こんにちは!
もういちど元気な声で、こんにちは!!

寒さと暖かさが同居する今日この頃皆さん、元気にしてますよね?

ジム(事務局)の阿部です!

今回初めて三木市で茅刈りをすることになりました!!
場所は三木山森林公園です。素敵な芝生広場の中に立派なススキが
てんこ盛りです。茅刈りマニア垂涎のこの場所でレッツエンジョイしませんか?

告知遅くなりましたが、お待ちしております!

期日:2014年3月15日(土) 雨天中止
時間:10時~15時頃まで
会場:三木山森林公園
集合場所:公園内「森の文化館」入口前
参加費:無料
内容:茅刈り体験
申込:担当の阿部まで氏名と参加人数をお知らせください。
電話:090-3913-9251 メール:abe@kusa-kanmuri.jp

cimg2567cimg2569cimg25711

0315e4b889e69ca8e5b1b1e88c85e58888e3828ae38080a5

茅刈りイベントのご案内《2月16日》

期日:2014年2月16日(日) 雨天中止
会場:神戸市北区淡河町荻原 茅場
集合場所:北区淡河連絡所

自家用車でのアクセス:AM10:00 北区淡河連絡所 駐車場有り
公共交通でのアクセス:神姫バス利用

AM9:00発 三ノ宮神姫バスセンターより吉川庁舎行き→淡河本町北 下車(9:35分着)バス停よりご案内します。

解散:PM15:00 予定
内容:茅刈り体験
参加費:¥500(保険代、資料代含む)
申込:保険加入のため◯氏名◯住所◯生年月日◯電話番号と、

緊急連絡用に◯当日朝に連絡可能なEメールアドレスをこちらまでお送り下さい。

締切:2012年2月18日(土)
定員:20名(先着順)
問合:ogo@kusa-kanmuri.jp
持物:弁当、水筒、防寒着、タオル、滑り止め付きの軍手、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。
主催:淡河かやぶき屋根保存会 くさかんむり
協力:神戸市北区役所、茅葺屋
ご注意:中学生以下は同伴の保護者の責任下でのみご参加頂けます。

p2191288

東お多福山でススキ草原回復活動しました。

投稿:阿部

10月10日に、東お多福山の草原保全活動に参加してきました。

東お多福山、ご存知ですか?
六甲山系にあり、神戸市東灘区と芦屋市にまたがる
標高697mの山です。かつてはハイキングと言ったら
お多福山というくらいのスポットだったそうです。

という私も昨年初めの神戸新聞記事で知ったのですが。笑

実は、くさかんむりは今年からこの東お多福山にてかつて
見渡す限り広がっていたススキ草原(今はネザサと樹木に
覆われてしまった)を取り戻そうと活動されている、
「東お多福山草原保全・再生研究会」
に加えてもらい「ススキ~増えろ~」と頑張ってます。

主には、年に5回の活動日にこのお多福山にて繁茂している
ネザサの刈取りと、植生の調査をしております。

活動日は水曜日となりますが、 毎回40名を超える方々が
汗水たらして刈り取りを行い、 6年間続けてきたおかげで山頂付近は
だいぶ草原性が戻り、ススキも増えてきました。お弁当スポットが
あり、素晴らしい眺望のスポットがあり、ハイカーの方も増えてきたように
感じます。

前と比べると一目瞭然。

<6年前>                             <今>

・背丈の高いネザサが繁茂                   ・左部分のネザサは膝丈、右は刈取り後ですっきり!!

800px-mount_higashiotafuku2dsc_0125
しかも参加されている方々のススキへの熱い想いと言ったら!!!!

dsc_0130

分かります?草刈り機でネザサを刈りながら、ススキがある所はこうやって周りをカマで丁寧に刈って
ススキだけ残しているんです!!「園芸レベルや!!(参加者)」ですね。いつかこれが一面に広がり、
どこかの屋根に使われる日が来る・・・そんな日を夢見て頑張っているんです。全国のかやぶき職人の
皆様、ススキは永遠に不滅です!!!笑

ネザサが繁茂すると他の植物が生存できないのですが、この辺りは年々植物が戻ってきています。
今の時期ですと、下のような花が咲いてました。他にもいっぱい咲いていたのですが、ちょっと覚え
切れませんで、悪しからず。

そんなこんなでいつ行っても楽しい東お多福山。次回の活動日は11月27日(水)。リフレッシュに
うってつけです。是非一緒に行きましょう!!

ツリガネニンジン

dsc_0133

アキノキリンソウ

dsc_0134

リンドウ

cimg2745

センブリ

cimg2747

茅刈りイベントのご案内

期日:2013年2月17日(日) 雨天中止
会場:神戸市北区淡河町荻原 茅場
集合場所:北区淡河連絡所

自家用車でのアクセス:AM10:00 北区淡河連絡所 駐車場有り
公共交通でのアクセス:神姫バス利用

AM9:00発 三ノ宮神姫バスセンターより吉川庁舎行き→淡河本町北       下車(9:35分着)バス停よりご案内します。

解散:PM15:00 予定
内容:茅刈り体験
参加費:¥500(保険代、資料代含む)
申込:保険加入のため◯氏名◯住所◯生年月日◯電話番号と、

緊急連絡用に◯当日朝に連絡可能なEメールアドレスをこちらまでお送り下さい。
締切:2012年2月18日(土)
定員:20名(申込多数の場合は抽選)
問合:ogo@kusa-kanmuri.jp
持物:弁当、水筒、防寒着、タオル、滑り止め付きの軍手、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。
主催:淡河かやぶき屋根保存会 くさかんむり
協力:神戸市北区役所、茅葺屋
ご注意:中学生以下は同伴の保護者の責任下でのみご参加頂けます。

p2191288

ヨシとビル

p1061218
p1061220
p1061223
p1061238
p1061263
p1061268
p1061270
p1061275
p1061276
p1061281
p1061287
p1061289
p1061294
p1061296
p1061306
p1061308
p1061311
p1061318
p1061321
p1061334
p1061337
p1061340
p1061357

真っすぐに伸びたヨシとビル。

鎌をつくるのもビルをつくるのも同じ人間の技術だし、

吉原も都市も人間が管理しているのだけれどまったく違う環境で、

その両方が入り交じって浸食しあって

お互いの良いとこも悪いとこも全部ひっくるめて好きになれる場所。

淀川河川公園、十三干潟。

山城萱葺屋根工事の山田氏が代々手を入れ続けてきたから味わえる風景。

かやぶき屋根の材料はこんなおもしろいところでも刈られているんです。

ヨシ刈り体験会にて。

あ〜、気持ちよかった。
p1061359

畦光る

pc241245

くさかんむりの茅場にて。

美しいミナモト

img_0407
pb041219
pb041232
pb041242
pb041246

砥峰高原の美しいススキ草原。

このススキを刈り取って束にすればカヤとなり、

葺き上げればヤネとなる。

美しいススキ草原は、

かやぶき屋根というもうひとつの美しい風景を生み出す。

この高原にはこんこんとかやぶき文化の源流が湧いている。

やがて麓の乾きを潤してくれる流れになってくれたら嬉しいな。

しかしべっぴんさん(良いカヤ)やったなぁ。

pb041233

ひょうごの森まつりにて。
ちいさなかやぶき体験会。

ちはやぶる

p5041203
p5041236
p5041243
p5041252
p5041250
p5041259
p5041269
p5041283
p5041292
p5041297
p5041299
p5041312
p5041317
p5041327
p5041338
p5041339
p5041343
p5041345
p5051405
p5051423
p5051429
p5051440
p5051449
p5051471
p5051461
p5051476
p5051484
p5051489
p5051490
p5051500
p5051512
p5051514
p5051516
p5051523

空に向けてヨシをたてると

中之島が中洲だったころの記憶を取り戻したのか、

水が悦び雨が降り、土が震えて稚児が飛び跳ねる。

ちはやぶる五月の気層。

これまさにこどもの日。

………………………………………………………………………………………………………

ステキなまつりにさそってくれたパーマカルチャー関西のみなさま。

中之島まつりの実行委員のみなさま。

そしてまつりに来て下さったみなさま。

ありがとうございます!

今年はくさかんむり演奏のプロローグでしたが、

来年は山城萱葺屋根工事が琵琶湖淀川水系のモノガタリを

含蓄のあるコトバで語ってくれますよ。

みなさまお楽しみに!

中之島まつりにて。
p5051529

すきとほった

p21912211p21912291p2191263p2191267p2191288p2191235

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも

きれいにすきとほった風をたべ

桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます

またわたくしは、はたけや森の中で

ひどいぼろぼろのきものが

いちばんすばらしいびろうどや

羅紗や宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました

わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです

これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで

虹や月あかりからもらつてきたのです

ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり

十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと

もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです

ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを

わたくしはそのとほり書いたまでです

ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし

ただそれつきりのところもあるでせうが

わたくしには、そのみわけがよくつきません

なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが

そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです

けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが

おしまひ、あなたのすきとほったほんたうのたべものになることを

どんなにねがふかわかりません。

大正十二年十二月二十日 宮沢賢治

「注文の多い料理店」序文より引用

茅刈りイベントのご案内

茅刈りイベントのご案内

期日:2012年2月19日(日) 雨天中止
会場:神戸市北区淡河町荻原 茅場
集合:自家用車でのアクセス:AM10:00 北区淡河連絡所 駐車場有り
公共交通でのアクセス:神姫バス利用

AM9:00発 三ノ宮神姫バスセンターより吉川庁舎行き→淡河本町北下車(9:35分着)バス停よりご案内します。

解散:PM15:00 予定
内容:茅刈り体験
参加費:¥500(保険代、資料代含む)
申込:保険加入のため◯氏名◯住所◯生年月日◯電話番号と、

緊急連絡用に◯当日朝に連絡可能なEメールアドレスをこちらまでお送り下さい。
締切:2012年2月18日(土)
定員:20名(申込多数の場合は抽選)
問合:ogo@kusa-kanmuri.jp
持物:弁当、水筒、防寒着、タオル、滑り止め付きの軍手、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。
主催:淡河かやぶき屋根保存会 くさかんむり
協力:神戸市北区役所、茅葺屋
ご注意:中学生以下は同伴の保護者の責任下でのみご参加頂けます。

p2060530

Home > 茅場 Archive

Search
Feeds

Return to page top