Home > 古代孝 Archive

古代孝 Archive

古代三部作

image7image6image4

縄文 弥生 古墳

古代住居三部作。

正確な再現かどうかはおいといて、、

たのしい仕事やったなぁ。

家原遺跡公園にて。

sagara

竪穴式陰翳礼讃

imageimage1

sagara

こどもは古代、そして未来。

pb181220
pb181223
pb181229
pb181232
pb181235
pb181237
pb181240
pb181252
pb181260
pb181256
pb181270
pb181284
pb181285
pb181286
pb181288
pb181289
pb181295
pb181299
pb181304
pb181314pb181321

こどもは人生という歴史のなかでは古代なんだとつくづく思う。

目の前の素材であそび、たわむれ、何かをつくりだす。

僕たちがこどものころに秘密基地をつくったりしたときの

あのワクワクと同じものを感じてくれていたら嬉しい。

そのワクワクをもったまま大人になっておくれ。

また来年も会おうなぁ。

pb181326

神戸市埋蔵文化財センター 「竪穴住居をつくろう!」にて。

Power of Children!!!

pb203094pb2031072
pb203140pb2031091
pb203149pb203160pb203156pb203171pb203187pb203195pb203198pb203205pb203213pb203232pb203223pb203238pb203242pb203249tateana

カラダの中の古代人をめいっぱい弾けさせて跳梁跋扈する子供達。

古代がテーマのワークショップなのだけれど

これはそのまま未来であってほしいと思った。

また来年もおいで。

神戸埋文竪穴wsにて。

秋のワークショップ 2011

warayane_o-thumb-500x709-516-thumb-500x709-517

詳しくはコチラ

&・・・

pb210953

その道の達人に学ぶ体験講座

竪穴住居をつくろう! 11/20(日)

詳しくはコチラ

さぁ、稲刈りもすんでワラがたくさんありまっせ!

いっしょにワラであっそびましょ♬

いちまんさんぜんねん

 

先月末、滋賀県文化財保護協会が発表したニュースに僕は釘付けになった。

 

「国内最古級の土偶出土」

 

滋賀県東近江市にある相谷熊原遺跡から縄文時代草創期(約1万3前年前!)の

土偶が出土したのです。

 

ふくよかな女性の肉体をかたどったと思われるちいさなちいさな土偶。

しかしそのちいさな肉体から溢れ出る豊穣さに、

縄文の土偶というよりもヴィレンドルフレスピューグといった

ヨーロッパ旧石器時代の女神像のような印象をうける。

 

ほんとうに可愛らしくて美しい土偶なので新聞に掲載されている写真を

何度も何度も眺めていました。

 

いちまんさんぜんねん前の人々はこのちいさな粘土のかたまりに

どのような想いをこめていたんでしょうね。

大昔の遺跡からこのような出土があるたびに

古代人から現代人にむけて発せられたメッセージのような気がします。

 

 

弥生時代までたどり着きました

神戸市埋蔵文化財センター主催のイベント、

その道の達人に学ぶ体験講座 〜竪穴式住居をつくろう〜 に

竪穴式住居づくりの達人として行ってまいりました(笑)

 

埋文には足しげく通っていましたが、こういうかたちで

自分が関わるようになるとは夢にも思っていませんでした。

嬉しいかぎりです。

 

今日は苫をつかっての屋根葺き。

骨組みは前日のイベントで作っておいていただきました。

pb151102

 

ではさっそく恒例の男結びから。

お子さんもちいさな手でがんばります!

pb151109

 

そうしている間にすぐ横でお昼の準備。

サヌカイトの石包丁で鶏肉をさばき、

pb151116

 

復元された弥生式土器でアサリと一緒に煮込みます。

pb151114

 

味付けは寒水を少々。

う〜ん、本格的。

さすが埋文です。

 

さて、男結びを覚えたら苫を編んでゆきます。

pb1511232

 

苫は誰でも編むことができるので良いですね。

お子さんにも体験してもらうことができる

かやぶきの裾野の広さを感じさせてくれる業です。

 

さて、ここいらでお昼にしましょう。

弥生式スープも出来上がり、赤米も炊けました。

pb151130

 

赤米には寒水を煮詰めてつくった塩をふりかけて、

本来の赤飯を味わってみましょう。

pb1511321

 

ちなみにこの塩、あなどるなかれ、旨いんです!

食塩のような喉にイガイガする感じがなく、

口にいれたあと風味をのこしてスッと引いていく。

是非、埋文で「古代塩しらさぎ」とか言って販売してほしいなぁ。

スープも絶品でした。

塩が良いと小細工をしなくてもおいしくなるんですね。

 

さて、カラダの中に弥生を注ぎ込んだあとは

苫を屋根にかけてゆきます。

pb151139

 

もっとも古代人にチューニングが近いからなのか、

子供たちの独壇場に!

pb151149

 

あれよあれよと言う間に完成です。

pb151164

 

苫は仮の小屋に用いられている業なので

弥生時代の住居という意味では少しラフすぎる感じはしますが、

雰囲気は出たと思います。

 

少なくとも全国の遺跡で復元されているような

現代のかやぶき職人が現代の道具を使って葺いた竪穴住居よりは、

再現性の高いものではないでしょうか。

 

弥生時代の住まい方や住居のタイムスパン、

穂首刈りしたあとのワラの使用法や

骨組みにいたるまでもっと考察しなければなりませんが、

(ここからは僕の推測ですので参考までに)

ワラはススキと違い根元が柔らかく、ノコガマのようにギザギザした

石器なら十分に刈り取ることができたと思いますし、

金属のハサミが登場するのはもう少し後の時代だと言うことと、

古代種の稲は現代の品種改良されたものより背が高く、

葺き材にすれば少量で面積がかせげるので

逆葺きにするのが自然だと思います。

 

苫のように編んでおく必要はないかもしれませんが、

弥生時代の住居を考える時に稲ワラの逆葺きというのは

無理のない選択肢ではないでしょうか。

 

かやぶきは手に入りやすい身近な素材をつかいますので

米の副産物としてのワラを古代人が使わなかったというのは

僕としては考えにくいです。

 

ワラを屋根に使ったのであれば施肥の問題も考えなければなりませんが、

当時の稲は今ほどの収穫量もなく、野生種に近いものだったでしょうから

落ち葉や人糞、古ワラを戻す程度で

それほどシビアなことでもなかったのではないかとも思います。

 

まぁ、そんなことよりもみんなで楽しく屋根が葺けたので良かったですね。

参加者のみなさん、来年も是非参加してくださいませ。

そして全国の考古関係者のみなさん、僕に竪穴式住居を葺かせてくださ〜い!

pb151157

保護中: 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ・・・

この投稿はパスワードで保護されています。閲覧するにはパスワードを入力してください:


Home > 古代孝 Archive

Search
Feeds

Return to page top