Home > 農 Archive

農 Archive

麦ワラ集め

image2

黄金色が目に染みる。

sagara

プライド

台風一過、深みの増した青空の下、風雨になぶられた屋根の補修に。

葺き替えが追いつかず、薄くなってしまった箇所から雨漏り。

サシガヤが出来ないほど痛んだ屋根にくさかんむり流、藁で屋根を葺いて雨漏りを防ぐことに。

ブルーシートやトタン板で補修したものは痛々しく見えるけど、これならやわらかい表情で補修することが出来る。

せっせと作業しながらふと、昔の自分はこういう仕事は職人というプライドが邪魔してしたくなかっただろうなぁ、、って。

サシガヤが出来ないほど痛んだ屋根は「葺き替え」という究極で確実な選択肢しか持ち合わせていなかったし、そうすることで満足してもらえる美しい屋根を葺いてみせる自信もあった。

けど今は、こんな藁を使ってとりあえずの補修をやっている。
はて、あのころのプライドはどこへいったのか?

抜けるような青空の下ではっと気付いた。
別にプライドを捨てたわけじゃなく、プライドの種類が変わったんやなぁ、って。

今は自分の都合じゃなくて、屋根と、住んでる人と対話して、その時のベストの答えを草で導き出すことが出来る。

「にがす」とか「いなす」とかいう、じぃちゃんばぁちゃんの口からよく出てきていたモノゴトとの関わり方の知恵みたいなもの。

それがやっとこさ体現出来るようになってきたのかな。

どんな屋根でも「繕えます」。

これが今の僕のプライドかな。

藁での補修、うん、悪くない。
いつか葺き替えの準備が整うまで、
ひとまずこれで。

相良育弥

img_3190
img_3213
img_3214

うど小屋

p2151218

現場への道すがら、冬の田に美しい△アリ。

藁で葺かれたうどの栽培小屋

こういう素朴なかやぶきが、たまらなく愛おしい。

楽しむこと

pb241248
pb241256
pb241261
pb241264
pb241274
pb241276
pb241288
pb241298
pb241305
pb241308

第一次産業をおもいっきり楽しんでいる人達に出会えて

たくさんの刺激と笑いを頂きました。

久々のBarワラワラも出動で楽しかった。

開催趣旨がステキだったので下に引用します。
………………………………………………………………………
「むら」は「まち」を想い、「まち」は「むら」を慕う。
それぞれの「志」が響きあうとき、「楽」が産まれる。
村の楽しみと町の楽しみは「楽座」を織りなす。
「種」を蒔く、「森」を慈しむこと。
………………………………………………………………………

pb241313

生産の現場の最先端が古代の岬、上町台地に集う

ノリノリ(農林農林)四天王寺にて。

ハジメの気持ち

pa271231

素材に出会った時はこうなるべきやな。

秋の空、ワラのかおり。

トオノネ祭 藁葺きの会にて。

11/10にもワークショップあり〼。

pa271256

WARAWARAワークショップ in Maruyama

waratuchi2-thumb-300x411-643
11/1 「わらやねから土をつくろう

warayane24-thumb-300x465-641
11/3「わらを編んで屋根をつくろう

みんなでワラワラしましょ!

Happiness #3

img_0367

ウチの田で踊る豊年エビをグラスに入れて撮影。

いっしょに踊りたい!!!

Happiness #2

p6221170

百姓は天地を繋げる。

p6171173
p6171177
p6171190

楽するのはやめた。

楽しむことにした。

p6171194

ひとつひとつ丁寧にいこう。

Happiness

p5181195
百姓は畦に座っているだけでもけっこうシアワセ。

アオスジアゲハとネギボウズ。

Home > 農 Archive

Search
Feeds

Return to page top