Home > 淡河 Archive

淡河 Archive

北僧尾農村歌舞伎舞台の茅葺き工事見学会が実施されました!

おはようございます。ジム(阿部)です。初期型です。

去る7月5日(土)に午前と午後の2回に分けて、
表記農村歌舞伎舞台にて神戸市北区まちづくり推進課主催の
茅葺き工事見学会が実施されました。

img_0499

当日は雨がふったりやんだりの天候下ではありましたが、
にも関わらず50名を超える方々にお越し頂き、建物や屋根の
説明とともに工事状況もご覧いただきました。

ネットにも記事が掲載されてました!

実施に際してはいくつかの課題があり、ジムは勝手にあきらめてしまって
いたのですが、まちづくり推進課や文化財課、広報の方など行政の
方達が動いて頂いたおかげで実施することができました。

何年も前から「いつかこの茅葺き、やりたいね」と相良さんが想いを
馳せていた現場です。様々な方々からのご厚意により今回工事を
担当させて させて頂いております。

どの現場でも当たり前のことですが、気持ちを込めて仕事に励んで
おります。また秋にもお披露目の機会があると思いますので、是非
淡河に遊びに来てください!

img_1888

麦ワラ集め

image2

黄金色が目に染みる。

sagara

茅刈りイベントのご案内《2月16日》

期日:2014年2月16日(日) 雨天中止
会場:神戸市北区淡河町荻原 茅場
集合場所:北区淡河連絡所

自家用車でのアクセス:AM10:00 北区淡河連絡所 駐車場有り
公共交通でのアクセス:神姫バス利用

AM9:00発 三ノ宮神姫バスセンターより吉川庁舎行き→淡河本町北 下車(9:35分着)バス停よりご案内します。

解散:PM15:00 予定
内容:茅刈り体験
参加費:¥500(保険代、資料代含む)
申込:保険加入のため◯氏名◯住所◯生年月日◯電話番号と、

緊急連絡用に◯当日朝に連絡可能なEメールアドレスをこちらまでお送り下さい。

締切:2012年2月18日(土)
定員:20名(先着順)
問合:ogo@kusa-kanmuri.jp
持物:弁当、水筒、防寒着、タオル、滑り止め付きの軍手、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。
主催:淡河かやぶき屋根保存会 くさかんむり
協力:神戸市北区役所、茅葺屋
ご注意:中学生以下は同伴の保護者の責任下でのみご参加頂けます。

p2191288

満員御礼!!「おいしいじかん~かやぶき屋根と、あつこさんと~(11/10開催)」

神戸市の文化財でもある前田家住宅。
その美しい佇まいは、お住まいのあつこさんの人柄そのもの。
いつも心地よく柔らかな時間が流れていて、
訪れるたびについつい長居してしまう。

今回はそんなあつこさんちで、おいしいごはんとおやつを食べながら
堂々と長居しませんか?

カラダもココロも満たされる、一日だけのかやぶきカフェ。
ぜひおいしい時間を味わいにいらしてください。

【開催時間】11:30~14:30頃まで
【開催場所】前田家住宅(神戸市北区淡河町神田)
【定員】15名
【参加費】2,500円(昼食代、おやつ代込)
【問合せ・お申込み】満員御礼です!!ありがとうございます。

e58699e79c9f

茅刈りイベントのご案内

期日:2013年2月17日(日) 雨天中止
会場:神戸市北区淡河町荻原 茅場
集合場所:北区淡河連絡所

自家用車でのアクセス:AM10:00 北区淡河連絡所 駐車場有り
公共交通でのアクセス:神姫バス利用

AM9:00発 三ノ宮神姫バスセンターより吉川庁舎行き→淡河本町北       下車(9:35分着)バス停よりご案内します。

解散:PM15:00 予定
内容:茅刈り体験
参加費:¥500(保険代、資料代含む)
申込:保険加入のため◯氏名◯住所◯生年月日◯電話番号と、

緊急連絡用に◯当日朝に連絡可能なEメールアドレスをこちらまでお送り下さい。
締切:2012年2月18日(土)
定員:20名(申込多数の場合は抽選)
問合:ogo@kusa-kanmuri.jp
持物:弁当、水筒、防寒着、タオル、滑り止め付きの軍手、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。
主催:淡河かやぶき屋根保存会 くさかんむり
協力:神戸市北区役所、茅葺屋
ご注意:中学生以下は同伴の保護者の責任下でのみご参加頂けます。

p2191288

モチモチ2012

pc311221
pc311230
pc311233
pc311243
pc311242
pc311255
pc311290
pc311291

サガラ家恒例のお餅搗き。

杵搗き餅を食べながらみんなでワイワイ。

餅のように真っ白な気持ちになってまた明日。

それではみなさま良いお年を。

pc311236

「結」〜むすび〜

pb191335
pb201340
pb201344
pb211222
pb221234
pb251320
pb251323
pb251332
pb301374
pb301375
pc011217
pc031289
pc031295
pc041301
pc051304
pc071322
pc071333
pc101255
pc101259
pc121265
pc151273
pc151277
pc171279
pc191222
pc191234
pc191239
pc201274

屋根の上でこんなに色々な顔を見たことはないなぁ、、と思うくらい

ほんとうにたくさんの人達がお手伝いに来てくれてた。

かつての農村の宿命的な相互扶助とは違い、

それぞれの人が、それぞれの想いをもってカラダを動かす。

村という枠を超えて、声の届く範囲まで拡がった

あたらしい関係性の結いのカタチ。

それがアタマではわかっていたけど

ストンと腑に落ちた葺き替えだった。

屋根に使う材料は出来るだけ身近な里山でまかなえたらいいけど、

屋根を葺く人は世界中から集まったらいいやん!

かやぶきのいいとこも、しんどいとこも

みんなでちょっとずづ分け合えたらいいな、、って思った

2012年の最後の葺き替えでした。

この屋根で出会ったみなさま、

ありがとうございます!

淡河町、つくも窯にて。
image

畦光る

pc241245

くさかんむりの茅場にて。

神戸市広報番組「神戸スタイル」

「神戸スタイル」に取材して頂きました。

もし宜しければ覗いてみてくださいませ。

神戸スタイル

ムラの屋根屋

pa251284

「サガラはん、屋根がちょっとへこんどるから見にきてえな。」と、

ウチの近所のかやぶきのお家に住まうおじぃちゃん。

「はいはい〜、ほな見に寄るわ〜。」

なんて感じにちょこっとだけの部分補修。

実はこんな使われ方が嬉しかったりする。

「ほなまた屋根が気になったら声かけてなぁ。」

pa251301

まだら模様になった屋根は、

そのムラに屋根屋がいるから生まれる風景なんです。

WARAWARAワークショップ in maruyamaもよろしく!

Home > 淡河 Archive

Search
Feeds

Return to page top