Home > Archives > 2009-12

2009-12

フォークソング

かやぶきシンポジウムの終了後、

淡河でひとつのコンサートがあった。

 

わが家の田んぼを会場にして行われるゆがふ舎主催のフォークコンサート。

しかし雨。 

淡河に祝福されるのは嬉しいのですが・・・
 
pb241358

 

しかたがないので会場を移して開催することに。

くさかんむり特製、半球型かやぶきステージは今回はおあずけ。う〜ん残念!

pb241355

 

会場をゆがふ舎のかやぶき民家に移し、雨の気配の中コンサートを始めます。

僕はフォークソングというものをちゃんと聞いたことはありません。

むしろオヤジがむかし聞いていた当時のポップスくらいにしか

思っていませんでしたが、

李陽雨(イ・ヤンウ)さんの歌うフォークソングは

穏やかだけど、とてつもない強度をもった響きで場を満たします。

pb221388

 

その響きは李陽雨という存在が立つ場所から発せられるもので、

まるでレゲエや沖縄の音楽のように、

とても深い悲しみが裏打ちされた突き抜けた明るさを持っていた。

 

いろんなものを越境する歌声。

彼の音楽にはそんなチカラがあると思う。

次回は田んぼでヨイトマケの唄をききたいなぁ。

土のうえの草の舞台でFolk Songを。

Home > Archives > 2009-12

Search
Feeds

Return to page top