Home > Archives > 2014-06

2014-06

古代三部作

image7image6image4

縄文 弥生 古墳

古代住居三部作。

正確な再現かどうかはおいといて、、

たのしい仕事やったなぁ。

家原遺跡公園にて。

sagara

屋根笑う

image3

この空気 この空気。

茅葺きの未来はここにある。

かやぶきマルシェ×発酵まつりより。

sagara

麦ワラ集め

image2

黄金色が目に染みる。

sagara

竪穴式陰翳礼讃

imageimage1

sagara

想い

image8image9image12
image13

今仕事している遺跡公園の園長さんが、
隣接する資料館の収蔵品に屋根鋏があったよと、
持ってきて下さった。

長らく倉庫の奥に眠っていたそうで、
その昔、地元の茅葺き職人さんが寄贈したものだそう。

赤く錆びてしまっていて、
見たことのない鍛冶屋さんの作やけど、
どこかで見たような、、
そうそう弥市さんという茅葺き職人の本に写真が載ってたな。

今、くさかんむりで葺き替えしている竪穴住居をつくったのが弥市さん。
最晩年の仕事だったそうな。

本の中でも「無くなりつつある茅葺きを、子供らに身近に感じてもらうために縄文時代の竪穴住居の研究をしている」と書いてある。

あー、そうかそうか。
それでおいらをここに呼んでくれたのね。
そういやこの仕事が決まったのも弥市さんの本を
いただいてからやったし、
予定してなかった地元の小学生達の茅葺き体験会を
したのもなんか全部するりんと繋がった。

名前が一文字同じやから響きあったんかな。
鋏は研ぎあげたから、資料館に飾ってもらいますね。
弥市さん、呼んでくれてありがとうね。

sagara

Home > Archives > 2014-06

Search
Feeds

Return to page top