Home > かやぶき | イベント | 縄文 | > 〜ミライの学び舎〜 かやぶき授業開催しました。

〜ミライの学び舎〜 かやぶき授業開催しました。

こんにちは、事務局 阿部です。

去る10月3日。縄文まつりの一環で淡路島の旧仁井小学校にて

かやぶき授業が行われました。

cimg2665

当日は25名もの参加者にお集まり頂き、大盛況のうちに無事

終了しました。本当にありがとうございました。

授業の内容としては、本祭にて受付になる所を、竹を編んで、苫を編んで

男結びで結びまくって完成させようというものでした。大昔からの洗練された

技術で失われつつあるものをこれからまた活かしていけるように受講生の

皆さんに体験を通してお伝えしました。

今回の経験が皆さんがそれぞれの居場所に戻ってからの新しいチカラに

なりますように。

以下当日の様子です。

<まずは男結び!>

cimg2671


簡単なお話と、受講生の皆さんの自己紹介の後、
まずは竹で作られた四角いリングで男結びの大特訓。
釘を使わず縄やひもで材を編む際の必須技です。
あまりの熱気で何度もリングが壊れましたが、
いつもにないくらいの速さでみなさん「男」になって
なっていきました。正直私の男結びより固かった人
たくさんいました、、、

<今回のお題>

cimg2649

こちらが皆さんの手により素敵な
受付になっていきます。

<竹編み>

cimg2680

特訓のあとは、タテに通っている竹の柱に割竹を編み通して
習ったばかりの男結びでとめていきます。

<竹割りの儀式>

cimg2684

今後恒例になっていくであろう竹割りの儀式です。竹割専用の治具で
竹をスパスパ割ります。もちろん割るのはカンフーマスターのカズゥ先生
です。でも少しお酒が残ってましたね。笑

<給食~>
cimg2695

あっという間にお昼です。プロの料理人が作る自然素材の
豊かな給食。この日は栗ごはんでした。


cimg2700

あまりの美味しさに私の給食を取ろうとする先生方。


cimg2702

そしてご飯の後は活力を得るために必須の昼寝。この画像
だけだといつの時代か良くわかりません。

<午後は苫編み!>

cimg2710

午後は屋根になる部分を苫編みで作ります。これができると
ちょっとした雨除け・日除けとしての屋根を作れるので大変
有用で貴重な技術です。
<屋根を葺こう!!>

cimg2716

皆で一生懸命編んだ苫を屋根部分に組んだ横竹に編みつけて
いきます。ここでも結びは「男」。交代でどんどんどんどん進みます。

<そして完成!!>

cimg2719

優秀な生徒さんばかりだったので、予定の時間内で受付が
完成しました!!地元のちょっとしたイベントでこのようなものを
ぱっと作れたらいいですよね。皆さん本当にお疲れ様でした。

阿部

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.kusa-kanmuri.jp/blogtest/wp-trackback.php?p=3133
Listed below are links to weblogs that reference
〜ミライの学び舎〜 かやぶき授業開催しました。 from くさかんむり

Home > かやぶき | イベント | 縄文 | > 〜ミライの学び舎〜 かやぶき授業開催しました。

Search
Feeds

Return to page top